nabuKOのイラストメモ

イラストレーターnabuKOです。デジタルイラストを描いています。

Animate CCのグラデーションツールの使い方

今回はAnimate CCグラデーションツールの使い方についてです。

私自身使う時に、あれ?って使い方を忘れてたことが何回かありました・・

(´..ω..`

 

下の画像のような楕円形を作って、色をグラデーションにします。

f:id:nabuko:20190723105624p:plain



↓ 参考までに、今回の制作サイズワークスペースについては下記の記事と同じです。


1.楕円を作ります

まずはツールパネルから楕円形ツールを選択して楕円を描きます。

f:id:nabuko:20190722154428p:plain

楕円形ツール

ここでは線をブラック塗りをオレンジ系のカラーにしました。( あくまでも例なので、線はなくてもいいです )

f:id:nabuko:20190722155630p:plain

楕円が描けました。

 

2.塗りをグラデーションにする

ダイレクト選択ツールで、

f:id:nabuko:20190722160315p:plain

↓ 楕円のオレンジ色部分のみ選択します。

f:id:nabuko:20190722160202p:plain

この状態で、カラーパネルから、グラデーションにする色のカラーコードをコピーしておきます。( ↓ 画像の水色部分 )

 

f:id:nabuko:20190722160845p:plain

 

そのあと同じカラーパネル内から、単色 放射状グラデーションに変更します。

f:id:nabuko:20190722161143p:plain

f:id:nabuko:20190722161359p:plain


すると・・、

 こんな感じになります。

とりあえずグラデーションが適用されました。

f:id:nabuko:20190722162243p:plain

↓ 塗りを選択した状態でカラーパネルの色を変更します。

 

f:id:nabuko:20190722162846p:plain

先ほどコピーしておいた、カラーコードペーストします。( もしくは入力)

( 初期状態では白黒のグラデーションが設定してあります )

 

あとはグラデーションのつまみ位置を左右逆にすれば完成です。

グラデーションのつまみ部分の操作Illustratorなどのグラデーションツールと同じです。

 

3.グラデーションの細かい設定

ここで、自由変形ツールの中にある、グラデーションの変形ツールを選択します。

f:id:nabuko:20190722162348p:plain

 

すると、グラデーションの細かい設定が変更可能になります。

 

 

f:id:nabuko:20190722165829p:plain

↓ グラデーションの変形ツールの動画です 。

 

 

↓ 私がAnimate CCで作った LINEスタンプです。

 

Photoshop用LINE絵文字40個用テンプレートの配布

こんにちは、nabuKOです。

 

LINE絵文字40個用のPhotoshop用テンプレートを自分用に作りました。

 

作ってみて、無事に審査に通り販売できましたので、作ったPSDファイルのテンプレートを配布します。《注意事項》をお読みください。

 

入っているのはtab画像用のPSDファイルと、スライス済みの40個の絵文字用PSDファイルです。制作サイズは原寸サイズになっています。

 

f:id:nabuko:20181211160844p:plain

tab画像

( ↑ tab画像は実際にとても小さいですが、ブログ用に大きく貼っています )

 

f:id:nabuko:20181211160915p:plain

LINE絵文字Photoshop用テンプレート(スライス処理済み)

 

スライス表示が邪魔な場合は、表示から非表示スライスのチェックを外して下さい。

f:id:nabuko:20181211161550p:plain

スライスの非表示

 

↓ スライス表示を非表示にした場合はこのようになります。

f:id:nabuko:20181211161526p:plain

 

ファイルの書き出しについて 

イラストを描いたら、

f:id:nabuko:20181211163429p:plain

下のガイドレイヤーを非表示にします。

f:id:nabuko:20181211164304p:plain

 

ファイル書き出しweb用に保存します

保存する部分(全体)をスライスツールで囲むように選択します。

 

f:id:nabuko:20181211185528p:plain

tabのファイルは

ファイル書き出しweb用に保存します

f:id:nabuko:20181211185801p:plain



 

絵文字( tab画像以外 )ファイル名をBridgeで変更します。

Adobe Bridge CCを起動し任意のファイルを選択します。

f:id:nabuko:20181211165950p:plain

Mac ⌘ AWindows Ctrl Aで全てを選択します。

f:id:nabuko:20181211170126p:plain

 

ツールファイル名をバッチで変更を選びます。

f:id:nabuko:20181211170416p:plain


するとこの画面が出てきます。私は余計な部分を消しています。下のマイナスの部分をクリックすると消えます。

f:id:nabuko:20181211190153p:plain

 

すると、

f:id:nabuko:20181211190857p:plain

このようにシンプルになり、わかりやすくなりました。

f:id:nabuko:20181211191058p:plain

 

 

↓ 新しいファイル名がこのようになっていればOKです。

f:id:nabuko:20181211190942p:plain

 

画像の並び順も最初の画面で気のすむまで変えられます。並び替えた変えた後はこの処理をしてツールファイル名をバッチで変更で順番が変わっているか、ファイルから確認してみましょう。


最後に

一つのフォルダtab.png001~040.pngの全てのデータを入れて圧縮します。(作る数は8個から申請できます)

Macは場合はフォルダを選択して右クリックし”フォルダ名”を圧縮ZIPフォルダになります。

 

                            《 注意事項 》

  • テンプレートの二次配布は禁止です。尚ファイルの使用につきましては自己責任でお願いします。審査の通過などを保証するものではありません。

 

  • バージョンはPhotoshop CC(2019最新)を使用しており、他バージョンとの互換性を維持してファイルを保存してありますが、他のバージョンでは試しておりません。また、Photoshop以外のアプリでPSDファイルを開くとスライスなどが無効となり、書き出しできなくなります。

 

↓ テンプレートのダウンロードはこちらからどうぞ。


 

↓ 私が作った絵文字はこちらからみていただけます。

LINE STORE アレン&とりふく 絵文字

 

 

↓ LINE CREARORS MARKET 絵文字の制作ガイドライン

Animate CCで文字にフチを付ける方法

今回はAnimate CCで入力した文字に白いフチを付けます。

Animate CCでフチ文字を作ります。

 

制作画像サイズなどは前回と同じ、今回も自己流の備忘録となります。

前回の記事はこちらです。

 

作り方 

文字を入力します。f:id:nabuko:20181023191221p:plain 分解します。

f:id:nabuko:20181023191259p:plain

 更に分解します。

f:id:nabuko:20181023191439p:plain

f:id:nabuko:20181023191747p:plain

このレイヤーをコピーして、レイヤーロック非表示にしておきます。

 

下のレーヤー1コマ目おはようを選択して、Chensmoothというアドオン(機能拡張ツール)でRegroupボタンを押します。

(記事最後にリンクを貼っておきます)

 

f:id:nabuko:20181023191454p:plain

その後ブラシライブラリからブラシを適当に選びます。

f:id:nabuko:20181023192207p:plain

線の色バケツ(塗り)の色にします。

f:id:nabuko:20181023192521p:plain

 

f:id:nabuko:20181023192639p:plain

更に線のスタイルを変更します。

f:id:nabuko:20181023192714p:plain

するとこのようになりました。

f:id:nabuko:20181023192909p:plain

グループ化します。

f:id:nabuko:20181023192944p:plain

非表示にしていた上のレイヤーを表示して選択し、グループ化してからコピーします。

f:id:nabuko:20181023193041p:plain

下のレイヤーの1コマ目を選択しその場にコピーペーストします。

(Mac : ⌘ shift VWin : Ctrl shift V

f:id:nabuko:20181023193400p:plain

Animate CCでフチ文字



コピーペーストしたら全てを選択してグループ化します。

上にあったレイヤーは不要なので削除します。

これで完成です!

 

途中で使用したアドオンはこちらです。

www.adobeexchange.com

このアドオンは親切なことにリンク先にチュートリアルビデオもあります。

 

線のスムージングや、後から塗りに対してペイントツールが適用できたりと、とっても便利でオススメです。

 

 

Animate CCで手書き文字にフチ文字加工

今回はAnimate CC手書き文字にフチ文字加工をする方法です。

完全に自己流の備忘録です。

 

※サイズについて

LINEクリエイターズスタンプアニメーションスタンプ制作サイズになっています。用途によってサイズなどお好みで変えてください。

 

 

                                                                                1. 新規作成

ファイル新規作成HTML5 Canvasを選択します。

幅320px高さ270px、フレームレート( fps )はとりあえず10にします。

 

※サイズやフレームレートは制作途中でいつでも変更できます。

Mac : ⌘JWin : Ctrl )

 

f:id:nabuko:20180804172447p:plain

 

ワークスペースは個人的にクラシックが使いやすいです。(右上画面から変更可です。お好みのものを)

※私はペンなどの入ったツールパネルを右へ持っていっています。

 

f:id:nabuko:20180804172905p:plain

 

                                                                               2. 文字を描く

 ペイントブラシツール ( Y )で文字を描きます。

 文字の太さを今回は6pxにします。

f:id:nabuko:20181021153034p:plain

※この記事を制作中にAnimate CC 2019にアップデートしました。

f:id:nabuko:20181021153442p:plain

文字を描きました。

この描いたレイヤーをコピーします。              

f:id:nabuko:20181021154335p:plain

 

念の為、レイヤーを鍵マークでロックしておきます ↓ 。

最初のレイヤーを選択します。

f:id:nabuko:20181021154833p:plain

 

Yを押してプロパティパネルを見ながら変更を加えます。

f:id:nabuko:20181021155613p:plain

  1. 線幅を12pxに、
  2. をここではにし、 
  3. その後、塗りに拡張ボタンを押します。

すると、こうなります ↓ 。

f:id:nabuko:20181021155934p:plain

この状態でグループ化します。(Mac : ⌘GWin : Ctrl G)

 

f:id:nabuko:20181021160231p:plain

※見えづらいのでステージ背景をグレーにしました。

Mac : ⌘JWin : Ctrl )

f:id:nabuko:20181021160431p:plain

 

続いてコピーしたレイヤーのロックを解除します。

f:id:nabuko:20181021160738p:plain

この文字もグループ化します。

f:id:nabuko:20181021160824p:plain

グループ化したこのレイヤーをコピーします。

(Mac : ⌘CWin : Ctrl C)

f:id:nabuko:20181021161109p:plain

上のレイヤーにロックをかけ、非表示にします。ここで上のレイヤーは削除してもいいです。

下のレイヤ1コマ目にその場にコピーペーストします。

(Mac : ⌘ shift VWin : Ctrl shift V)

f:id:nabuko:20181021161547p:plain

レイヤー1の1コマ目を選択すると↓ 、

f:id:nabuko:20181021161652p:plain

↑ このように全てが選択されます。これをグループ化してひとつにします。

(Mac : ⌘GWin : Ctrl G)

f:id:nabuko:20181021162059p:plain

これでフチ文字の完成です。

f:id:nabuko:20181021162351p:plain

いらなくなったレイヤーを削除します。 

 

 

                                                                               3. シンボルにして境界線を追加

f:id:nabuko:20181021163203p:plain

f:id:nabuko:20181021163318p:plain

シンボルにします。

シンボルにすることでアルファ値( 透明度の変化 )や効果を加えることができます。

f:id:nabuko:20181021163854p:plain

今回はフィルターから光彩を選択します。

(Macの場合ですが、この画面が違うプロパティパネルの表示になっていたら、Yを押すとこの画面になります。)

f:id:nabuko:20181021164411p:plain

このように設定してみました。

 

f:id:nabuko:20181021192031p:plain

Animate CCでのフチ文字



これで境界線のあるフチ文字の完成です!

 

 

ちなみにフィルターは気に入ったものがあれば歯車からプリセットとして保存できるので、次回からは保存した効果をすぐに使えるので便利です。

f:id:nabuko:20181021164817p:plain

 

 

ひとつのレイヤーで作業する場合

描いた文字をグループ化をしてコピーしておいて、線幅と色の変更線を塗りに拡張グループ化し更にその場に最初の文字をコピペ全選択しグループ化でもできます。

Photoshopで生成した木をイラスト風にする

今回はPhotoshopで生成した木イラスト風にしたり、更にフィルターをかけてアレンジしてみました

新規ドキュメントを作成します。

今回は幅 2000 pixel、高さ 1500 ピクセル、解像度350 pixelにしました。

f:id:nabuko:20180628162320p:plain

 

f:id:nabuko:20180628162325p:plain

空のレイヤーを追加します。

 

フィルター → 描画 → 木

f:id:nabuko:20180628162329p:plain

好きな木を生成します。

f:id:nabuko:20180628163740p:plain

↓ 細部を拡大したところです。

 

f:id:nabuko:20180628162337p:plain

 

細かい枝を飛ばします。

フィルター → その他 → 明るさの最大値

f:id:nabuko:20180628162340p:plain

 

f:id:nabuko:20180628162344p:plain

 1.5 を入力し、OKをします。(プレビューを見ながら、数値はお好みで)

 

↓ 細かい枝が目立たなくなりました。

f:id:nabuko:20180628162347p:plain

このレイヤーを複製します。

Maccommand + JWinCtrl + J です。 

f:id:nabuko:20180628162351p:plain

 

複製したレイヤーを選択し、フィルター → 表現手法 → 輪郭検出

f:id:nabuko:20180628162355p:plain

 

↓ 輪郭が検出されました。

f:id:nabuko:20180628162400p:plain

f:id:nabuko:20180628162403p:plain

↑ このレイヤーのレイヤーモードソフトライトにします。

 

下のレイヤーと統合します。

Maccommand + EWinCtrl + E

f:id:nabuko:20180628162406p:plain

f:id:nabuko:20180628162410p:plain

完成です。

f:id:nabuko:20180628162415p:plain

↑ 細部を拡大した部分です。

 

色々なバリエーション

更にフィルターをかけたり、レイヤーモードを変えてみました。楽しいです。

f:id:nabuko:20180628185448j:plain

私は必要に応じて、最初の木の生成時点で根っこの部分を、ブラシツールコピーツールを使いながら描き足してから加工して、マンガなどの背景に使用しています。

 

この他のアレンジです。

 

Photoshopの木生成に関する記事。こちらはスクリプトで生成されています。

 

Photoshop用クロッキーブラシ、鉛筆風ブラシ

※2018/10/8ブラシの修正、配布先を変更しました。

 

こんにちは、LINEクリエイターズスタンプや着せかえを作っているnabuKOです。

今回はPhotoshopで使えるクロッキーブラシ、鉛筆風ブラシを作りました。

f:id:nabuko:20180411092144j:plain

croquis_1とcroquis_1_2は鉛筆風のブラシです。

f:id:nabuko:20180716202835j:plain

クロッキー、鉛筆風ブラシで描いたイラスト2

Photoshopクロッキーブラシのダウンロードはこちらからできます。

 

 



このブラシはPhotoshop CC 2018で作りました。

 

水彩ブラシセットも配布しています。