nabuKOのイラストメモ

イラストレーターnabuKOです。デジタルイラストを描いています。

Animate CCで手書き文字にフチ文字加工

今回はAnimate CC手書き文字にフチ文字加工をする方法です。

完全に自己流の備忘録です。

 

※サイズについて

LINEクリエイターズスタンプアニメーションスタンプ制作サイズになっています。用途によってサイズなどお好みで変えてください。

 

 

                                                                                1. 新規作成

ファイル新規作成HTML5 Canvasを選択します。

幅320px高さ270px、フレームレート( fps )はとりあえず10にします。

 

※サイズやフレームレートは制作途中でいつでも変更できます。

Mac : ⌘JWin : Ctrl )

 

f:id:nabuko:20180804172447p:plain

 

ワークスペースは個人的にクラシックが使いやすいです。(右上画面から変更可です。お好みのものを)

※私はペンなどの入ったツールパネルを右へ持っていっています。

 

f:id:nabuko:20180804172905p:plain

 

                                                                               2. 文字を描く

 ペイントブラシツール ( Y )で文字を描きます。

 文字の太さを今回は6pxにします。

f:id:nabuko:20181021153034p:plain

※この記事を制作中にAnimate CC 2019にアップデートしました。

f:id:nabuko:20181021153442p:plain

文字を描きました。

この描いたレイヤーをコピーします。              

f:id:nabuko:20181021154335p:plain

 

念の為、レイヤーを鍵マークでロックしておきます ↓ 。

最初のレイヤーを選択します。

f:id:nabuko:20181021154833p:plain

 

Yを押してプロパティパネルを見ながら変更を加えます。

f:id:nabuko:20181021155613p:plain

  1. 線幅を12pxに、
  2. をここではにし、 
  3. その後、塗りに拡張ボタンを押します。

すると、こうなります ↓ 。

f:id:nabuko:20181021155934p:plain

この状態でグループ化します。(Mac : ⌘GWin : Ctrl G)

 

f:id:nabuko:20181021160231p:plain

※見えづらいのでステージ背景をグレーにしました。

Mac : ⌘JWin : Ctrl )

f:id:nabuko:20181021160431p:plain

 

続いてコピーしたレイヤーのロックを解除します。

f:id:nabuko:20181021160738p:plain

この文字もグループ化します。

f:id:nabuko:20181021160824p:plain

グループ化したこのレイヤーをコピーします。

(Mac : ⌘CWin : Ctrl C)

f:id:nabuko:20181021161109p:plain

上のレイヤーにロックをかけ、非表示にします。ここで上のレイヤーは削除してもいいです。

下のレイヤ1コマ目にその場にコピーペーストします。

(Mac : ⌘ shift VWin : Ctrl shift V)

f:id:nabuko:20181021161547p:plain

レイヤー1の1コマ目を選択すると↓ 、

f:id:nabuko:20181021161652p:plain

↑ このように全てが選択されます。これをグループ化してひとつにします。

(Mac : ⌘GWin : Ctrl G)

f:id:nabuko:20181021162059p:plain

これでフチ文字の完成です。

f:id:nabuko:20181021162351p:plain

いらなくなったレイヤーを削除します。 

 

 

                                                                               3. シンボルにして境界線を追加

f:id:nabuko:20181021163203p:plain

f:id:nabuko:20181021163318p:plain

シンボルにします。

シンボルにすることでアルファ値( 透明度の変化 )や効果を加えることができます。

f:id:nabuko:20181021163854p:plain

今回はフィルターから光彩を選択します。

(Macの場合ですが、この画面が違うプロパティパネルの表示になっていたら、Yを押すとこの画面になります。)

f:id:nabuko:20181021164411p:plain

このように設定してみました。

 

f:id:nabuko:20181021192031p:plain

Animate CCでのフチ文字



これで境界線のあるフチ文字の完成です!

 

 

ちなみにフィルターは気に入ったものがあれば歯車からプリセットとして保存できるので、次回からは保存した効果をすぐに使えるので便利です。

f:id:nabuko:20181021164817p:plain

 

 

ひとつのレイヤーで作業する場合

描いた文字をグループ化をしてコピーしておいて、線幅と色の変更線を塗りに拡張グループ化し更にその場に最初の文字をコピペ全選択しグループ化でもできます。