げげげのnabuKO

イラスト日誌

SketchBook(無料版)が使いやすい

重ね着の楽しい季節になりましたね。寒くなると長袖長ズボンでないと眠れない、元ファッションアドバイザー(カリスマ感ゼロ)のnabuKOです。さて、今回は最近良く使っている描画ツールAutodesk SketchBookについて書きます。

f:id:nabuko:20151010203607j:plain

まず無料版には制約がいくつかあります。

  • レイヤーは3枚まで、ブラシの種類は消しゴムを含む16本が使える
  • 画像サイズは1600px × 984pxの100dpiのみなど

このような制約はありますが、このアプリは動作がとても軽くてUIが非常にシンプルです。マニュアルがなくても感覚的に使えるところが素晴らしいです。保存はJPG以外にPNGやPSDにも対応しています。

 

個人的に一番気に入っているのは、鉛筆ツールです。描き心地(画面への出力)がとても柔らかくて、まるでアナログで描いているような感覚なのです!

 

SketchBookで描いたイラスト

f:id:nabuko:20151010223419j:plain

↑ 鉛筆ツールで対象定規を使って一部の髪以外を左右対称に描いています。

 

f:id:nabuko:20151010223541j:plain

↑ こちらも鉛筆ツールで描きました。クロッキーには柔らかい感覚のツールが断然使いやすいです。※ 空想クロッキーです

人物とはレイヤーを分けて、イスは図形を描くツールで、地面は薄く描いた鉛筆線をぼかしツールでぼかしています。

f:id:nabuko:20151010223310p:plain

↑ ↓ 大きめのブラシでシルエットを濃い色で塗りつぶし、レイヤーの透明ピクセルをロック(鍵マークをクリック)してエアーブラシツールで明るめの色で立体感を出しました。少しぼやけすぎな感じがあるので上に線だけを加えたらはっきりしそうです。

↓ 草は伸ばす感じのブラシでぼかすと草っぽくなりました。f:id:nabuko:20150920143515j:plain

ちなみに画像サイズはSketchBook無料版では変更できないので、解像度やサイズをPhotoshopCLIP STUDIO PAINT等で設定したPSDデータをSketchBookで開いて描いてもいいかと思います。

 

以下はSketchBookのマニュアルのようです。詳しく見ていませんが、ツールの使い方や15日のPRO版トライアルについても書いてありました。私はパース定規が使いやすそうで、気になっています。

http://static1.1.sqspcdn.com/static/f/537453/26387869/1436794930860/JPN_SketchBook_v72.pdf?token=zqCn8Sie4odz4rx+FDK83xofzJ8=

 

Autodesk SketchBook

Autodesk SketchBook

  • Autodesk Inc.
  • グラフィック&デザイン
  • 無料

 

↓ iPoneのアプリで描いたイラストの記事です。